2013年04月27日

Ultimate Challenge Kit の組立 その2


モーターを組む際は極性を間違わない様にしましょう。
樹脂製のブラシポールに色を塗る等の対応をすれば分り易いです。


画像で分るか微妙ですが穴の大きさが違います。


実際、ネジ穴の大きさが片側が3.0mmでもう片側は2.5mmなのでそれに
合わせてプレートの穴の大きさも違います。

単に極性を合わせれば良いと言う訳では無く万が一の事態に備えて、
動作チェックの際は必ずロアーだけで試運転を行い、ギアの回転方向が
正しいかを確認してからアッパーを組みましょう。これを怠ると一発でギア
や基盤を壊してしまう危険性があります。
自分で組むキットの怖さですね・・・




同じカテゴリー(トレポン講座)の記事画像
USMC FN-M16A4作成記 その11
USMC FN-M16A4作成記 その10
USMC FN-M16A4作成記 その9
USMC FN-M16A4作成記 その8
USMC FN-M16A4作成記 その7
USMC FN-M16A4作成記 その6
同じカテゴリー(トレポン講座)の記事
 USMC FN-M16A4作成記 その11 (2018-07-15 10:04)
 USMC FN-M16A4作成記 その10 (2018-07-13 10:03)
 USMC FN-M16A4作成記 その9 (2018-07-12 10:04)
 USMC FN-M16A4作成記 その8 (2018-07-11 10:04)
 USMC FN-M16A4作成記 その7 (2018-07-10 10:03)
 USMC FN-M16A4作成記 その6 (2018-07-09 10:28)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。