2018年04月22日

PTWメンテナンス その4

 5/28~6/4 6/6~10は出張の為不在です。
メールの返信や商品発送が出来ません。
帰着次第に対応しますので、ご迷惑お掛けしますが何卒ご理解願います。



PTWのシリンダーは定期的なメンテナンスが必須です・・・


大切な事なので「大文字の赤」で書きました。

先日、久しぶりにマルイ製MP5SD6を分解してメンテしました。
購入後10年以上経過しておりそろそろメンテしないとグリス等がダメになってると
思い行ったのですが...確かにグリスの変質感はありましたが他にはあまり問題
となる様な部分が見当たらずグリスの清掃とグリスアップしなおし&トリガーSW
部分の爪が減っていたので交換程度で終了しました。

東京マルイのメカニズムは本当に凄いと思います。
ほぼ家電製品の領域に近いほどメンテナンスフリー化されています。

でも、トレーニングウエポンはそうはいきません(;´д`)
出来れば、ゲームから帰ったらシリンダーくらいは清掃してやって下さい。
環境的にあまり厳しくないインドアフィールド等ならまだマシですが埃っぽいタク
ティカル系フィールドや山間部や河川敷等の砂や土のあるフィールドで使用す
ると気密が高い事も影響して色々なものをシリンダー内部に吸い込んでいます。


普段からこのブログ見ている人からすれば「またかよ...」って話ですがシリンダー
内部にたんぽぽの種や小さな虫、泥、砂、木片等の異物やその他諸々。
何故入ったのかびっくりする程の異物が混入しています。


アルミシリンダー内部はコーティングされていますが、異物が入ったままピストン
が前後すればあっという間にコーティングは剥がれてしまいます。
そうなるとピストンの前進抵抗が増えて初速は低下します。

また、ノズルを掴んでいるOリングの摩耗も激しくなり切れている個体もありました。
そうなると給弾不良を起こし弾割れや2重給弾、弾道不良、弾詰まりによるギアト
ラブルやピストンクラッシュ、モーターや基板に対する負荷の為に起こる故障等が
発生し高価な修理代を招く二次被害がおきます。

よって、出来るだけ早くメンテナンスする事でトラブルを未然に防げる訳です。

シリンダーのメンテは簡単なので是非トライして下さい。
ただ、アルミシリンダーの場合はネジを潰してしまう可能性もありますので注意して
行いましょう。

ご自分で出来ない場合は当方に送って下されば有償にはなりますがメンテナンス
を行います。他店購入でもお友達からの購入でも大丈夫です(*´∀`*)
是非、ご相談ください。

また、PTWの不調で困っている場合はご相談頂ければ有償での故障診断も行っています。

SYSTEMA製トレーニングウエポンのパーツは常備しておりますので殆どのパーツは即納
可能です。パーツ購入のみの場合も遠慮なくお申し付けください。 

商品の予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。

  

2018年04月21日

PTWメンテナンス その3


モーターの清掃 


今回のモーターはPF480(かなり静かなモーターです)でしたが大量のブラシ滓が出て来ました。
空転させると更に出てきました(;´д`)

でも、残量確認するとまだブラシは結構残っていたので今回は交換していません。

ブラシ滓は定期的に清掃した方が良いと思います。銃を倒したり逆さにして撃った場合ブラシ滓
がローターのコミュにこぼれ落ちその状態でローターが回転するとどう考えてもよろしく無い状況
に陥ると思います。

底板を外しグリップの上からプラハンマー等で軽く叩いてあげるだけでほぼ滞留しているブラシ滓
は落ちます。
それ以上綺麗にしたい場合はグリップを抜いてモーターを外して清掃となるので大変
ですが...

ブラシは新品時の長さを計測しておき70%程度まで減ったら交換をおすすめします。
勿体無いですが量的に問題なくてもブラシを押し付けるブラシスプリングのテンションが下がってし
まいブラシがジャンプするとスパークしたりコミュへの攻撃性も高まると思います。

また、ブラシケースへのハンダ回数が増えるとブラシケースのメッキが浮いて来て通電が悪くなる
事もあります。その場合はブラシケースを交換しましょう。鉛フリーハンダは融解温度が高いので
どうしてもメッキに負荷が掛かります。半田の技量にもよりますが3回くらいハンダしなおしたブラ
シケースは交換する事をおすすめします。

http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?pid=73461127
MT-005-Ag30 Ag30% モーターブラシ / スプリング(2個セット)


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?pid=130710376
MT-005-Ag90 Ag90% モーターブラシ / スプリング(2個セット)


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?pid=94758157
MT-006-ブラシケースセット ブラシケースx2 ブラシケースプレートx2


 5/28~6/4 は出張の為不在です。
メールの返信や商品発送が出来ません。
帰着次第に対応しますので、ご迷惑お掛けしますが何卒ご理解願います。


商品の予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。




  

2018年04月20日

PTWメンテナンス その2

 4/20、5/28~6/4 は出張の為不在です。
メールの返信や商品発送が出来ません。
帰着次第に対応しますので、ご迷惑お掛けしますが何卒ご理解願います。



引き続き修理依頼のM4A1メンテ中ですが...


セレクターのテンション調整についての注意です。


この赤丸の穴にある六角ネジでセレクターのテンション(節度)を調整できますが修理に入ってくる
個体とか見てると矢鱈に締め上げてある場合があります。
他のネジは緩み防止と言う観点でもシッカリ締める必要がありますがテンション調整ネジの場合
はセレクターを動かしつつ適度な動きの所にすることが肝心です。

尚、メーカー完成品や一部ショップの完成品はこの穴の上にコーションデカール(注意書き)が
貼ってありネジが見えないモノもあります。その場合は剥がして調整してください。


この赤丸部分を良く見ると分かりますが金属粉が沢山付着しております。
構造的にはテンション調整ネジ⇒スプリング⇒ボールベアリング⇒セレクターの順に並んでお
り、テンション調整ネジを締めるとスプリングを介してボールベアリングをセレクターのシャフト
に押し付ける訳です。
セレクターの軸は合金なのでベアリングの硬度よりかなり柔らかい為、セレクターを廻すごと
にどんどん削れてしまう訳です。結果としてどうなるかは簡単に予測できますね...

セレクター自体は超高価って訳でも無いので減れば交換すれば良いのですがセレクターが
消耗品てのも悲しいですし、実は交換するだけでは無く組み付ける際に調整加工も必要な
のです。まぁそのまま組んでも動く事は動きますが......

メンテナンスは常時受付なので遠慮なくお申し付け下さい。

シリンダーを定期的にメンテすることは大切なのでシリンダーだけレターパック等で送って下
さればメンテしてすぐ返送出来ます。他店購入品でも可能ですので是非お問い合わせ下さい。

http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?pid=128708549
シリンダーメンテにとっても便利なPTWマルチツール


商品の予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。


  

Posted by papa at 10:04Comments(0)トレポンQ&A

2018年04月19日

PTWメンテナンス その1

 4/20、5/28~6/4 は出張の為不在です。
メールの返信や商品発送が出来ません。
帰着次第に対応しますので、ご迷惑お掛けしますが何卒ご理解願います。



修理依頼のあったM4A1メンテ中・・・



最近では珍しいSTDモデルのギアBOXでプラネタリー(遊星)ギアが焼結3個の奴です。
過去に焼結だから問題出た事は無くグリスの馴染みも良いらしいので本当はこのパターンが
良いのですが流速等でハイレートのスプリングをドライブする事を考えるとMAX系のギアが
安心かもしれません。


酷い汚れや金属粉等は認められませんでしたがベアリングが汚れたグリスだらけだったので
ギアBOXはフルOHではなく簡易OHコースになりました。

グリスをパーツクリーナーで清掃した後にクリーナーを乾かしたあと専用ベアリングOILを注油
し余分なOILを拭い取って組み込みます。


他のギアも一旦外してクリーニングしグリスアップして再度組み込みます。

                                        次回に続く・・・


 M4系 メンテナンスメニュー  (価格は税別) 
・M4シリンダ系簡易OH 3000円 フルOH 4800円
・M4ギアBOX系簡易OH 5000円
・M4ギアBOX系フルOH  8000円 
・モーター清掃 3000円 
・チャンバーOH 5000円

尚、同時施工の場合は割引ありますのでご相談ください。



商品の予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。




  

Posted by papa at 11:32Comments(0)トレポンQ&A

2018年03月21日

バリューキット1とチャレンジキットの差


いきなり質問ありました...
Q1:「バリューキット」と「チャレンジキット」の差は?

A1:チャレンジキットは組み上げると一応「それなりの姿」になります。
 バリューキット1は組んでもそれだけでは「完成形」になりません。



 バリューキットにはハンドガードやストックが付属しないのでそのまま組んでも
 かなり間抜けな形です。これは大多数の人がレールやストックを自分の好みの
 モノに交換してしまうので、チャレンジキットを購入しても無駄なパーツが余って
 しまいコスト的にも無駄でエコにも反すると言う事で一般的に無駄になるパーツ
 を省いた結果です。

 他にトリガーガードも入っていません。これも結構交換する人が多いのでと言う
 理由ですがPTWの場合、トリガーガードのピン間距離が特殊なので代替品が
 あまり無いのが難点です。比較的すんなり?装着可能なのはMAGPUL製の
 MOEトリガーガードです。SYSTEMA純正のストレートトリガーガードも在庫あ
 りますので必要であれば手配可能です。

 他に違う点は、ストックチューブの仕様です。
 チャレンジキットは民間タイプの少し長いタイプで後ろ端が回転するキャップに
 なっておりバッテリー交換時は回転させて開閉します。
 バリューキットはMILSPECサイズで後端は開放型です。
 MILSPECサイズの殆どのストックがそのまま装着可能なのでストックを交換す
 る人には最適ですがCOLTやLMTの後方開放型ストックの場合はバッテリーが
 むき出しで使っている最中にバッテリーが滑り出して来るなどのデメリットがあり
 ますが昨今のストックは大概の機種にバットプレートを標準装備してるのであま
 り問題無いですが....

Q2:チャレンジキットやバリューキットは刻印ありますか?

A2:セレクター刻印も含め、刻印は一切入っていません。


 ご希望の刻印があれば刻印業者に出します。
 在庫している刻印付フレーム(SYSTEMA純正フレーム)もありますので納期を
 短縮したい場合はご相談下さい。

 5/28~6/4 は出張の為不在です。
メールの返信や商品発送が出来ません。
帰着次第に対応しますので、ご迷惑お掛けしますが何卒ご理解願います。


商品の予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。

  

2018年03月05日

モーターブラシのお話

 3/10~3/18 は出張の為不在です。
メールの返信や商品発送が出来ません。
帰着次第に対応しますので、ご迷惑お掛けしますが何卒ご理解願います。



ブラシ交換のお話になります。興味ない人はスルーしてください・・・

正直言いまして若い頃?東京マルイさんの電動ガンを使っていた時分はモーターにブラシと言う
モノが存在している事すら知りませんでした。
って言うかブラシが交換出来る事知らなかったと言うのが正直なとこです・・・

PTWを扱う様になって始めてモーターの寿命の前にブラシの寿命が来る(マルイの場合はそう
とも言えないが)事を知りました(;´д`)

ってことでブラシ交換の件ですが、普通は3分と掛からずに交換出来ます。上の画像の様に配線
がハンダしてあればブラシ交換は容易ですが、どう考えてもブラシが交換出来ない様にハンダし
てあったりポール側にハンダしてあってブラシスクリューが取れない場合はハンダコテが必要に
なるのでちょっぴり面倒な話になります。
ハンダの準備してコテ暖めてとかしてるとすぐ10分とか経過しちゃいます(;´д`)
なのでPTWを組む際はブラシが抜ける様にハンダして下さると私は助かります。


どの程度減ったら交換するかですが、私は新品の1/4~3/5程度減ったら交換する目安としています。
ブラシ容量は充分残っているのですが減って来るとブラシスプリングのテンションが低下する為
ブラシをコミュに押し付ける力が不足してジャンピングを起こしスパークを起こしてしまいブラシの
やローターに悪影響を与えます。

また、ブラシチェックする際に表面が荒れている場合コミュもチェックします。
コミュが減っている場合や表面が荒れている場合はローター交換も検討します。

普通はそんな頻繁にモーターのチェックしないと思いますのでなんか調子が落ちてきたと気づい
たら一度チェックしてみましょう。

http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1734491&csid=1
トレーニングウエポン関連の消耗品








今日は誕生日なのでなんか買ってください...












商品の予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。


  

Posted by papa at 10:07Comments(2)トレポンQ&A

2018年03月04日

SuperMAXギアBOXのOH

 3/10~3/18 は出張の為不在です。
メールの返信や商品発送が出来ません。
帰着次第に対応しますので、ご迷惑お掛けしますが何卒ご理解願います。



今日はSuperMAXのギアBOXのOHです。


あまり汚れて無いのですがギアグリスに若干鉄粉が混ざっているので内部をクリーニングして
からグリスアップです。

トリガーあたりを見ると砂ホコリや土ホコリの多いとこで使用されているかどうか判断出来ます。
比較的ここからの異物侵入が多いです。虫の死骸とか細かい枝とか砂ホコリなど。

トリガーシャフト部分にはグリスが塗ってあるのでそこにゴミや異物が付着します。
直接的に動作に影響ある事は滅多にないですがここから汚れが内部に入るのでグリスの汚れ
等に繋がります。よってトリガーも一旦外してクリーニングして再度グリスアップします。


時々、MAXとSuperMAXの見分け方の質問をされますが、一番確実な方法はこの隔壁の厚み
で判断すれば良いと思います。
わざわざSuperMAXのギアケースにMAXのギアを組む暇な人が居ない限りはここの厚みが薄
いとSuperMAXで厚いとMAXです。

ここまで分解せずとも判断出来るらしいですがそれはそれで結構面倒(ノギスで測るとか歯数を
数えるとか?)だった様な気がするのでやり方は忘れてしまいました(;´д`)

SuperMAXは去年で製造終了してしまいましたがバリューキット3のSuperMAX用はまだ数個
残っていますので探している人はお早目に・・・

http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?pid=76657742
自作用キット アンビギアBOXモデル SUPERMAX  45,000円(税抜) 

商品の予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。


  

Posted by papa at 10:12Comments(0)トレポンQ&A

2018年03月02日

どうでもよくない情報 加速シリンダー編

 3/13~3/18 は出張の為不在です。
メールの返信や商品発送が出来ません。
帰着次第に対応しますので、ご迷惑お掛けしますが何卒ご理解願います。



加速シリンダーの落とし穴・・・


修理依頼の個体で時々見かける不具合ですが、現行のステンレスシリンダーに発生する
トラブルです。


定期的にシリンダー内部を清掃していれば気づくのですが、シリンダー内部にスラッジの
様なモノが溜まり膜が貼った様になっている事があります。

昔のアルミシリンダーより現行のシリンダーの方が強度もありネジ部分で千切れる事も
減っていますが、材質のせいでピストンが前進する際の抵抗がアルミシリンダーより多少
大きい様です。

ただでさえ抵抗がある筒内部に膜の様なモノがあるとピストンの前進抵抗が増えてピスト
ンスピードが落ちます。結果的に初速やサイクルの低下が発生します。
当然、モーターにも負荷がかかり燃費も落ちます。

よってシリンダーは出来る限り定期的に清掃しましょう。
可能であればゲームから帰ったら必ず清掃する癖をつけておくとよいですね。

加速シリンダーの場合、シリンダーにポート(穴の事)が開いており、その穴をピストンヘッド
が通過する際、Oリングが穴の淵と干渉して若干ですが削れていきます。
フルサイズシリンダーに比べるとかなり摩耗が早いと思われます。
削れた滓はシリンダー内部でシリンダーグリスと混ざり動作時の熱も加わりシリンダー内部
に膜の様なモノが発生したりシリンダ内部にカーボン状の滓が発生したりします。
その膜や滓はピストンが動作する上での抵抗となるので無い方が良いわけです。

また一度ついてしまった膜は簡単に除去出来ません。通常のパーツクリーナー程度では歯
が立たないです。固着する前に除去しましょう。最悪シリンダー部分の交換となりかなりの
出費になります。

http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?pid=73469483
CU-016-M4-M90-sus ステンレスシリンダーケース


商品の予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。

  

Posted by papa at 10:04Comments(0)トレポンQ&A

2018年02月26日

トレーニングウエポンのストックチューブ

 3/13~3/18 は出張の為不在です。
メールの返信や商品発送が出来ません。
帰着次第に対応しますので、ご迷惑お掛けしますが何卒ご理解願います。



トレーニングウエポンのM4系(スライドストック)のストックチューブにはバリエーションがあります...

先日、お客様より問い合わせがあったのですがトレーニングウエポンのM4系ストックチューブには
大別して三種類(仕上げ違いを含めると6種類くらいあります)あります。


現行モデルでは、
・ニッカドバッテリー&SYSTEMA製クレーンストック対応オリジナルサイズ
・Lipo基盤対応 コマーシャルタイプ 回転キャップ式(画像では長さ比較の為に回転キャップを除去しています)
・Lipo基盤対応 ミリタリータイプ 後方開放式

一番長いのがニッカド用で一番短いのがミリタリータイプです。

違いは長さだけでは無くチューブの外径や内径、ネジ部分の形状、ストックのポジション数などに
も差があります。

使用するストックやバッテリーによって選ぶ必要があります。
詳細についてはご相談下さい。

http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1734491&csid=2
SYSTEMAトレーニングウエポン用パーツ


商品の予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。


  

Posted by papa at 10:03Comments(0)トレポンQ&A

2018年02月23日

トレーニングウエポン用マルチツール

 3/13~3/18 は出張の為不在です。
メールの返信や商品発送が出来ません。
帰着次第に対応しますので、ご迷惑お掛けしますが何卒ご理解願います。



PTW用マルチツール入荷しています!!



画像の様な機能の他にも、キャッスルナット(ストックチューブナット)を締めたり緩めたりする機能や
フラッシュハイダーの着脱に便利なレンチ機能もありコンパクトな形状なのでフィールド等で簡単な
整備を行う際にとても便利です。

http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?pid=128708549
PTW専用マルチツール
固着したスプリングガイドやシリンダーヘッドも2ピースに別れたレンチを使えば大概は外れます。

PTWやチャレンジキット、バリューキット購入時に是非ご一緒にどうぞ!!

商品の予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。
  

2018年02月17日

MK12-Mod1 SPRをトレーニングウエポンで作ると...


で、実際MK12(Mod1)をトレーニングウエポンで作成すると幾らかかるの?


今回作成した例(Z-PARTS製キット使用)を取って仮に見積りを作成すると・・・

MK12-Mod1 SPR(本体のみ) 

チャレンジキットM4A1MAX2 151,000円
Z-PARTS製 MK12 FF-RASキット 39,000円
小計 190,000円
組立工賃 15,000円(アウター等不要パーツ下取り前提)
COLT刻印 20,000円
合計 225,000円(税込 243,000円)

オプション:

スコープ&マウント等 20,000円~各種あり
バイポット&マウントベース 18,000円~各種有り
Z-PARTS製 MK12専用サプレッサー 10,800円(税抜)
フロントサイト、リアサイト 12,000円~各種あり
カスタムトリガーガード 4,800円~各種あり
20連マガジン 4,800円~
ストック各種 6,000円~
PEQ2 19,800円~各種あり
レールカバー 3,800円~
モーター変更 時価

各種パーツをリアルパーツにするとどんどん値段が上がってしまいます。
特に光学系にそれなりのモノをチョイスすると本体の数倍コストが上がって
しまいます。

SPRだとリューポやNFなどのスコープをA.R.M.S.やKAC,AD、LaRue等の
マウントに載せると一気に数十万円飛びます。

バイポット、バイポットマウントやトリガーガード、フロントリアサイト、ダストカ
バー、フォワードアシスト、テイクダウン/ピボットピン、チャージングハンドル
等の小物も全部リアルパーツにすると本体をもう一本買えるくらいの価格に
なります...


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?pid=90269440
今回のSPRはスライドストックなのでVORTEX Razor HDとかも似合うかも
しれません。

 3/13~3/18 は出張の為不在です。
メールの返信や商品発送が出来ません。
帰着次第に対応しますので、ご迷惑お掛けしますが何卒ご理解願います。


商品の予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。


  

2018年02月14日

MK12SPRを造ってみる...その9


PF480の組込み

出張で暫く中断してたSPR組立ですが再開です。

PF480組込みの件ですが組み上げてロアーのみでテストドライブしたらエラい事に...
なんと、セミで動作させると完全にオーバーランしてしまいLED点滅に(;´д`)

何回やっても同じ結果。で、色々考察してみます。
PF480は回転がスムーズでノイズも無く軽く回っています。

現行モーターは単体時にピニオンギアを指で摘んで回すと結構な抵抗があります。
ですがPF480モーターやマルイ純正の標準仕様モーターで同じ様に回しても軽く
回ります。
この違いは主にマグネットの磁力で磁力が強いと回転トルクも上がる訳です。
もちろん単純に磁力だけで性能が決まる訳では無いでしょうけど...

軽く回ると言う事はPTWの基本であるセミオートの動作に大きな意味を持ちます。
PF480モーターを使用していた頃の国内仕様であるM90シリンダーの指定バッテ
リーニッカドの7.2Vでした。後に9.6Vになり現在は11.1VのLIPOです。

モーターや基盤も変更されモーターは
PF480⇒PF490⇒7511⇒N7511⇒7511KUMI(490KUMI)
と推移しておりバッテリーに求められる特性も変わっています。

今回は基盤もバッテリーも現行モデル用にも関わらずモーターだけを初期型の
PF480にしたのが原因でモーターとバッテリーの特性が合わずオーバーランして
しまった様です。この推論は先般参加したクリニックでSYSTEMAスタッフに確認
しました。

インターナルセクターギアの検知穴位置を調整する事で対応は可能だそうですが
検証するには検知穴を全部貫通させた穴だらけのインターナルセクターギアを用
意して、検知穴位置を仮設定して不要な穴を塞ぎつつセッティングを出して行く必
要があります。
暇をみつけて検証したいところですが(笑)今回はそこは端折って楽な作戦を選び
ました。


その作戦のお陰で静かで振動の少ないPF480モーターを使用したSPRが完成し
ました。

http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1734491&csid=8
今回使用したZ-PARTS製品ラインナップです。


本日、品切れしている商品が再度入荷したので後刻在庫の更新をしますので品切れ品をご希望
の場合はメールで確認ください。


商品の予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。



  

2018年02月12日

MK12SPRを造ってみる...その8


PF480モーター


現行PTWは2008年あたりから基本的にあまり変わっておらず完成度は2008年以降のモデル
であれば現行との性能差や機能差はあまり無いと言っても過言は無いですがモーターに関し
ては細かい仕様変更も含め色々変化しています。

最近、PTWを導入された方には馴染みの無いモーターだと思いますが今回試してみるのは
PTW登場時に使われていたPF480モーターになります。

このモーターも何回か改良されていますが、今回使うモデルは比較的後期のモノです。

PF480登場時は今でもその名残があるグリップ底板中心部のネジでピニオンとベベルギアの
当たりを調整出来るモノでマルイ同様底板中心部のネジを回しつつノイズを聞きながら調整を
行っていました。緩め過ぎてピニオンを一発で逝かした事もあります(;´д`)


PF480も後期型になってからはローターシャフトの移動幅をワッシャーやスペーサーで無くして
しまい調整不要となっています。今回のモーターはそのタイプのデッド品を使います。
いまでも探している人にとっては垂涎のモーター(正確にはPF490デビュー時点でメーカー完成
品に装着されていた新品在庫から外したモノ)でブラシもブレークインしただけのモノです。


ただ、PF480モーターのブラシは現行品より少し縦の高さが低く小さいモノなのでコミュとの有効
接触面が少し狭いのと消耗時にブラシの入手が難しいので上の画像の様にブラシケース廻りに
関しては現行品に交換した為正確には「後期型PF480改」となります。
まぁ私が勝手に命名したモーター名なので他では通用しませんが(笑)

組込み前に例のごとく安定化電源を使いブラシの慣らしを兼ねて6.0vあたりから12Vくらいまで
無負荷状態で段階的に電圧を上げて行き5分程度回転テストを行いました。
相変わらず振動やノイズは殆ど感じない滑らかな動きです。
最近のモーターは無負荷の慣らしでも、持っていてマグネットが結構熱を持つの
ですがPF480は殆ど感じない程度の熱量です。電流値を正確に計測した訳では無いのですが
メーターの振れを見る限りは明らかに流れている電流量も少ない感じです。省エネで静かであ
ればこのモーターを復活させて欲しい気がしますが、結構前に聞いた話ではこのモーターを作
っていた工場は既に閉鎖されているとの事です。

M90程度のシリンダーしか使わないのであればPF480でも充分と思いますが海外向けや訓練
施設向けの強いスプリングのシリンダーをドライブするにはパワー不足なのかもしれないです。


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1734491&csid=0
トレーニングウエポン関連商品

 2/10~2/13 は出張の為不在です。
メールの返信や商品発送が出来ません。
帰着次第に対応しますので、ご迷惑お掛けしますが何卒ご理解願います。


商品の予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。








  

Posted by papa at 10:05Comments(2)トレポンQ&A

2018年02月11日

MK12SPRを造ってみる...その7

 2/10~2/13 は出張の為不在です。
メールの返信や商品発送が出来ません。
帰着次第に対応しますので、ご迷惑お掛けしますが何卒ご理解願います。



FF-RASの装着その2


アッパーレシーバーのガスチューブ通る穴とFF-RASのレンコンバレルナットの穴を完全一致させれば
基本的にはアッパーのトップレールとFF-RASのトップレールは合う筈です。


ところが少しでもズレているとガスチューブはなんとか通りますが肝心のレール本体を差し込んで固定
してから良くみるとアッパーとレールトップのズレが出ている事があります。

そうなると厄介です。レール本体を外してハイダーを取ってガスチューブとガスブロックを外してからバ
レルナットの位置を微調整せねばなりません。

FF-RASが全盛期の頃は何回もやり直してこのレール(と言うかこの方式のレール)が嫌いになりました
が最近はガスチューブ型治具を使ってほぼ一発で位置だし出来る様になりました。


無事装着完了するとガスチューブはここまで突出して来ます。
SYSTEMA純正ガスチューブはもう少し控えめに。他社製のはガスチューブが見えないモノや根本的に
アッパーに挿さないモノさえあるのでこの様に立派に突き出して来ると壮観です。
そのせいもあって先端形状に拘ったり、先端部分に穴を穿ったりしているのですね。

http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1734491&csid=8
Z-PARTS製品

商品の予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。
  

2018年02月07日

SYSTEMAチャレンジキットクリニック

SYSTEMAチャレンジキットクリニック


三連休に開催のチャレンジキットクリニックですが詳細案内が来てますのでアップしました。
日も迫っているので急に参加は難しいかもしれませんが今日の時点ではまだ空きがある
そうなので、参加希望者はご一報ください。
連休なので東京のショップ巡りツアーと絡めても良いかと・・・

このクリニックの目的はトレーニングウエポンの特性の理解をより深めて使う立場から造る
立場にたって見直す事や、今回は「ブロンズ」コースですが次の「シルバー」へのステップア
ップには欠かせないコースとなります。

メーカー技術者に直接教えを請うことは滅多にない機会なのであながち高い事業料(普通
にチャレンジキットを買える訳ですから)ではないと思われます。
次回、いつ開催されるかも未定なので是非・・・

 2/10~2/13 は出張の為不在です。
メールの返信や商品発送が出来ません。
帰着次第に対応しますので、ご迷惑お掛けしますが何卒ご理解願います。


予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。
  

Posted by papa at 21:09Comments(0)トレポンQ&A

2018年02月07日

MK12SPRを造ってみる...その6


FF-RAS RIFLE の装着

簡単に見えて意外と奥が深い(と言うかめんどくさい)FF-RASの装着です。。。

まずはアッパーレシーバーブロックにアッパーレシーバーにアウターバレルとFF-RAS専用バレルナット
と専用カラーをセットします。

その後、アッパーレシーバーブロックをバイスに固定してバレルレンチ(今回は旧型DPMSマルチツール)
でレンコン状の専用バレルナットの穴にレンチのピン突起二本を合わせて差し込んで締め上げます。
普通に締め上げて(それなりのトルクで)止まった位置から微調整します。

大切なのはバレルナットの穴がガスチューブをスムーズに挿せる位置にもって来れるかどうかです。
ガスチューブとほぼ同じ直径のツールがありそれを差し込んでズレている角度を判断してバレルナット
の締め上げ具合を微調整します。あくまで調整は締め上げる方向で行いますので初期締め上げで
限界近いところまで締めていると余裕がなくなり微調整で更に締める事でアッパーを割ってしまう原因
にもなります。実物アッパーやトイガン用でも鍛造で強度のあるアッパーなら簡単に割れる事は無いで
すが純正の鋳造アッパーの場合必要以上の強度を出していないので折損する事もあるので注意が必
要です。比較的新しいアッパーでも何回もレールを着脱している場合などはストレスが掛かっているの
で簡単に割れる場合あります。ただし締め方が緩いと使用中にガタが出て来ますのでここは経験と勘
が必要な部分です。

実銃用の締め付けトルクはある程度参考になるとは思いますが全く強度の違う材質のトイガン用アッ
パーに対しては絶対確実な値とも言えません。ちなみに実銃用のトルクって意外と柔目です...


私が愛用しているレシーバーブロックですが一部の機種(VLTOR製等)には使用出来ません。
大概の官給アッパーには使えるのとアッパーをカヴァーしつつ固定する方式なのでアッパーへのスト
レスは少ないので鋳造品アッパーには最適です。

鍛造等の丈夫なアッパーであれば下のDPMSやブッシュマスター、PRI等のアッパーをカヴァーしない
タイプを使う事でダニエルディフェンスやLaRue等のアッパーに対してタイトに付くレールにも使えます。

http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?pid=88304774
DPMS - AR-15/M16/M4  UPPER RECEIVER BLOCK  アッパーレシーバーブロック

 2/10~2/13 は出張の為不在です。
メールの返信や商品発送が出来ません。
帰着次第に対応しますので、ご迷惑お掛けしますが何卒ご理解願います。


商品の予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。







  

2018年02月05日

MK12SPRを造ってみる...その4


MK12 SPRバレルセクションの作成


このキットは細かい部分まで良くできてます。
例えばこのガスチューブの造形。本物だとガスが流れて行く穴を再現しています。
ガスブロックに組んでしまうと全く見えない部分です。こだわりを感じますねぇ
正直言ってこんな部分は適当に造っても良いとこなんです。
組んでる人だけが「凄いなぁ」って思う訳で(笑) 私を喜ばせてどうすんの...
出来上がった個体を受け取るお客さんにはここ見え無いでしょっ...(;´д`)


ここもそうです。実物だと先程紹介した穴から導入された発射ガスがチューブを
一気に流れて来てボルトキャリーの受け部分に吹き付けてボルトを後退させる
訳です。大概のトイガンは無垢のロッドなのにわざわざ穴を開けています。
キャリーキーに入る部分の形状も実物のそれっぽくなっています。
普通のトイガン用ガスチューブの数10倍のコストが掛かっているのでは無いで
しょうか?このガスチューブは是非別売にして欲しいモノです・・・・

次回に続く・・・・・

http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1734491&csid=8
Z-PARTS製品


商品の予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。







  

2018年02月04日

MK12SPRを造ってみる...その3


MK12 SPR-Mod0 アッパーの作成


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?pid=98854286
Z-PARTS製 MK12 FF-RASキット スチールアウター

今回使用するのは上のキットです。

お客様の要望で現在持っておられるM4のアッパーを使って欲しいとの事で預かったアッパー
を分解してそれにキットのFF-RASを装着しようとしたのですが...
結構使い込まれた個体で、バレルナットにレンチを掛けて軽く力を掛けた瞬間「パキッ...」っと
嫌な音が....

見事にアッパー逝きました(´;ω;`)
前もって「中古アッパーにレール装着する際、ある程度使い込まれた個体やあまり使ってなく
ても鋳造アッパーでスが入ってる場合などはアッパー割れる可能性あるのでご了承下さい」と
言った直後で、しかも本人さん見てる前。更に言えばまだ本締めする前の仮締め段階だったの
で「やっぱり新品でお願いします」との方針変更。まぁ割れたのでどっちにせよ直すのは無理で
すが...(;´д`)


気を取り直して、サクサク組んで行きます・・・


次回に続く。。。。。。。




http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1734491&csid=3
チャレンジキット商品群

商品の予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。
  

Posted by papa at 18:58Comments(0)トレポンQ&A

2018年02月03日

MK12SPRを造ってみる...その2


SPRにも色々ありますが・・・


過去に当店が作ったSPRはMK12-Mod0や上の画像のMK12-Mod1など基本固定ストックの
モノが多かったのですが今回はスライドストック希望とのことなのでSYSTEMA純正のストック
を使用したバージョンを作成予定です。

使用する機材は以下の予定です。

チャレンジキットM4A1(Nicd仕様)と

http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?pid=98854286
Z-PARTS製 MK12 FF-RASキット スチールアウター

http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1734491&csid=3
チャレンジキット商品群

商品の予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。
  

Posted by papa at 12:23Comments(0)トレポンQ&A

2018年01月24日

PTW M16A2、A3系の基盤 その1


今回はあまり取り上げないM16A2、A3系の基盤関連です。


画像のSWD(FET)基盤は'08以降の現行機種(SECU4対応)用です。
M16系ではモーターへの電源ケーブルは赤黒のケーブルです。
このケーブルは皮膜が薄く配線の取り廻し時に皮膜が破れてしまう事もあり苦労の多い
配線です。
柔軟性があり使いやすい反面固定ストック内部を通す際にガイドが無いとやりにくい面
もあります。

また、モーターへの配線後にグリップを差し込む際注意しないと皮膜が破れてしまう事
が多いです。

この個体も皮膜が見事に破けていました。場所はグリップと干渉するところです。

破けた場所はこんな感じに補修しますが場所によっては補修不可能な場合もあります。

今回は古い基盤(それでも’08モデル用ですが)と言う事もあり動作を調べてみると基盤
内部の接触不良も発生していたので新しい基盤に交換する事になりました。

次回に続く・・・

M4、M16用SWD

http://modelshoppapa.shop-pro.jp/?pid=73472815

 1/30~2/6 は出張の為不在です。
メールの返信や商品発送が出来ません。
帰着次第に対応しますので、ご迷惑お掛けしますが何卒ご理解願います。


商品の予約やお問合せはモデルショップPAPAまで 
メール hirokomama0527@yahoo.co.jp


http://modelshoppapa.shop-pro.jp/
モデルショップPAPA トップページ

http://blogs.yahoo.co.jp/hirokomama0527
モデルショップPAPAブログ


トレーニングウエポン関連、実物パーツや実物光学下取り&買取してます。お気軽にご相談下さい。


輸入パーツは新規入荷分から価格改定中です。







  

Posted by papa at 10:18Comments(0)トレポンQ&A